乳酸菌の働きが大きく違う植物性と動物性の2種類について

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いについて

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類があるのをご存知ですか?

これらは働きが違うため、注意しなければいけないポイントです。

 

動物性乳酸菌

動物性乳酸菌の特徴

動物性乳酸菌とは?

動物性乳酸菌は、名前の通り動物由来の乳酸菌のことを指します。

乳(ミルク)の乳糖からエネルギーを得て生育します。

ミルクは元々子供を育てるための栄養なので、外から栄養分を獲得して生育する乳酸菌にとっては、格好の食べ物です。

動物性乳酸菌は、乳を発酵させ、チーズやヨーグルトなどの発酵物を作ります。

そのため、チーズやヨーグルトの生成過程でスターターと呼ばれる種を作る役目をします。

チーズではラクトコッカス ラクチス菌、ヨーグルトではブルガリア地方のヨーグルトから見つけられたラクトバチルス ブルガリクス菌が有名です。

恵まれた環境で育つ動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌に比べ、胃酸などに対しての耐性が弱いと言われています。

 

動物性乳酸菌の働き

動物性乳酸菌は、摂取しても大腸まで生きて届かないという特徴があります。

そのため、動物性乳酸菌は、腸内環境を整える効果を発揮できません。

ただ、乳酸菌は生きていなくても、腸内で他の乳酸菌の食べ物になり、腸内フローラの環境改善に役立つことがわかっています。

ラクトバチルス カゼイ菌や、日本人に合うヒト由来のガセリ菌などです。

カゼイ菌は善玉菌を増やし、腸内フローラの環境改善に、ガセリ菌はピロリ菌の抑制や内臓脂肪の抑制に役立つことがわかっています。

 

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌の特徴

植物性乳酸菌とは?

植物性乳酸菌とは、植物由来の乳酸菌のことです。

植物の果糖やブドウ糖、ショ糖などからエネルギーを得て生育します。

植物を発酵させ、醤油や味噌、漬物などを作ります。

植物性乳酸菌は、自然の中に広く分布し、植物の表面に存在しています。

植物にはタンニンやカテキンなど、植物自身を守るための抗菌物質や酸化酵素などの酵素類が存在しますが、そこには成長の早いカビ類なども住み込みます。

このような厳しい環境の中で植物性乳酸菌は生き残り、生育しています。

生育するための栄養を摂取するのも大変困難な状況だと考えられています。

そのため、植物性乳酸菌は様々な厳しい環境に耐える力が強いという特徴があります。

植物性乳酸菌の働き

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌に比べ、胃酸にも強く、大腸まで生き残り、腸内フローラの環境改善に役立ちます。

腸内環境を整えるのに人気の乳酸菌ですが、動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌を摂るようにすると効果が期待できます。

植物性乳酸菌の代表的なものは、京都のお漬物から発見されたラクトバチルス ブレビス菌です。

日本で研究されて認められているブレビス菌は、ブレビス菌KB290、ブレビス菌T001株、ブレビス菌M003株です。

これらの菌で、インフルエンザの予防やがんやウイルスに対する耐性を高め、尿酸値を改善する作用があります。

 

コメントを残す