乳酸菌の効果は摂取するタイミングが命!ベストなタイミングとは?

乳酸菌の効果と摂取タイミングの関係性について

乳酸菌は摂取するタイミングよって効果が異なるのでしょうか?

より効率よく乳酸菌の効果を発揮するためのタイミングについて紹介していきます。

 

乳酸菌を摂るタイミングで効果は変わる?

摂取するタイミングで乳酸菌の効果は変わる?

善玉菌の代表的なものはビフィズス菌です。

ビフィズス菌の善玉菌が増えると、悪玉菌をやっつけてくれ数を減らしてくれます。

乳酸菌は、効果的な摂り方や食べるタイミングもとても重要です。

乳酸菌は胃散や胆汁に弱いという特徴を持っているため、摂取するタイミングによって、生きたまま乳酸菌を腸まで届けてくれる可能性が高くなります。

乳酸菌は胃散に弱いため、タイミングが悪いと腸まであまり届かない状況に陥ります。

善玉菌を増やすという働きはそれほど機能しなくなるので、乳酸菌の効果はあまりみられなくなります。

せっかく乳酸菌を摂取するなら、乳酸菌の効果を発揮できるようにサポートしてあげたいですね。

 

乳酸菌を摂るベストタイミングは?

乳酸菌は夜に摂取すると効果を発揮する

乳酸菌は食前や空腹時に摂取しても、胃散や熱によってすべて死滅されてしまいます。

食後なら胃散が薄まっている状態なので、乳酸菌を腸まで届けてあがる可能性が高くなります。

効率よく乳酸菌の効果を発揮するには、夜に摂取することをおすすめします。

夜に摂取した方が、乳酸菌の動きや働きが活発にすることができます。

さらに言うと、夕食後2時間後、寝る前2時間前が一番良いとされています。

それは寝ている間、人はリラックスしていることや、胃に余計なものが入ってくることがないので寝静まった間に乳酸菌が働きやすい環境が作られます。

そのため、乳酸菌が腸まで生きたまま届くことが多く、夜に摂取した方が効果的とされています。

ただし、夜寝る前に以外、朝食や昼食後に摂取した場合、乳酸菌の働きはありますが、夜に比べると効果が薄くなります。

また、乳酸菌は出荷後にだんだんと減るので、なるべく早いうちに食べたほうが良いとされています。

開封後は徐々に乳酸菌の数も減っていくので新鮮なうちに早めに食べましょう。

 

コメントを残す