乳酸菌で分けられる3種類の菌とそれぞれの働き・効果

乳酸菌には、様々な効果があり、幅広い人に親しまれています。

実際に、乳酸菌の中でも菌の種類が存在します。

それぞれの詳しい働きと効果についてご紹介します。

 

乳酸菌とは?

乳酸菌とは?働きは?

乳酸菌は、糖類を分解して乳酸を作る細菌類の総称です。

乳酸を作る細菌類は数多くありますが、その中でも、分解の際に使われた糖類の半分以上が乳酸になるものを乳酸菌と呼んでいます。

また、乳酸菌は糖類を分解してエネルギーを得ています。

乳酸菌を増やすためには、アミノ酸やビタミンなどの栄養が必要です。

乳酸菌には「発酵させる」という能力があり、発酵できるものは、乳酸菌の種類によって、それぞれ異なります。

ヨーグルトやチーズなど動物の乳を発酵させるのは動物由来(動物性)の乳酸菌、漬物など植物の炭水化物を分解し発酵させるものは植物由来(植物性)の乳酸菌と呼ばれます。

 

代表的な3種類

3種類の菌の効果について

 

乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)

乳酸菌は、形によって桿菌と球菌という二つの種類に分けられます。

ただし、この二つの基本的な性質は変わりません。

どちらも自然の中に広く存在しており、土の中、植物の表面、人や動物の腸の中に住んでいます。

通性嫌気性という性質を持ち、酸素のある環境でも生きることができます。

乳酸桿菌は、ラクトバチルスとも呼ばれ、棒のような細長い形をしています。

代表的なものとして、ヨーグルトなどに入っているブルガリクス菌、ガセリ菌、カゼイ菌、ブレビス菌があります。

これらの菌は、様々な効果がありますが、特に以下のような効果を持っています。

  •  免疫力を高める
  •  腸内環境を整える
  •  ピロリ菌を抑える

 

乳酸球菌

乳酸球菌は、ラクトコックス、ストレプトコックスと呼ばれ、丸い球のような形をしています。

代表的なものは、チーズなどを発酵させるサーモフィルス菌、フェシウム菌、ラクチス菌です。

乳酸球菌は、近年、重要視されるようになりました。

そんな乳酸球菌には、特に以下のような効果が高いことがわかっています。

  •  腸内環境を整える
  •  花粉症を和らげる

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、厳密には乳酸菌とは少し違いますが「使われた糖類の半分以上が乳酸となる」という意味では当てはまり、その意味で乳酸菌に含めて考えることがあります。

ビフィズス菌は、ビフィドバクテリウムとも呼ばれ、人や動物の大腸に多く住みます。

人の大腸の中では乳酸菌の約百倍、1兆~10兆個も存在すると言われています。

また、偏性嫌気性で酸素があっては生きていけません。

ビフィズス菌の形は、棒のような形もあれば、Y字型のような形にもなります。

ビフィズス菌が乳酸菌と大きく違う所は、糖類を分解する時に、乳酸と酢酸を作ることです。

ビフィズス菌によって大腸の中で作られた酢酸は、いわゆる悪玉菌と言われる腸内細菌を抑制するのに役立ちます。

また、腸管を保護し、病原性大腸菌O157の感染を予防します。

ビフィズス菌は、ビタミンB群を生成することでも知られています。

また、種類によって、身体に様々な良い影響を及ぼすことがわかっており、多くの研究が行われています。

 

コメントを残す