乳酸菌で免疫力を上げられる?丈夫な体をつくる効果について

乳酸菌で免疫力を上げることができる効果

乳酸菌には、様々な効果があることがわかっていますが、いまだに解明されていない効果もあります。

ただし、現時点でわかっている効果だけでも、とても優れた効果を持つことがわかっています。

その中の一つである、乳酸菌の免疫力の向上効果について紹介していきます。

 

免疫の種類と特徴

そもそも「免疫」とは、体内で発生した害悪な細胞や、体内に侵入した細菌やウイルスなどに対して、免疫細胞が攻撃・破壊してくれる自己防衛力のことを指します。

そのため、免疫力が低下すると、体内の自己防衛がうまく機能しなくなり、病気にかかりやすくなります。

免疫力がある場合、免疫細胞は体の中をパトロールし戦ってくれているのです。

ただし、免疫には大きく分けて2つに分類することができます。

自然免疫

自然免疫とは抵抗力と言われるもので、これは生まれつき持ち合わせている免疫力のことを指します。

体の中をパトロールし、細菌やウィルスだけでなく、もともと正常な細胞が変化してできたがん細胞なども攻撃してくれます。

獲得免疫

獲得免疫とは、様々なウィルスや細菌によってつけた免疫のことを指します。

獲得免疫は、その情報を覚えているので、同じウィルスには、獲得免疫が付いているため、素早く防衛できるのです。

一度かかった病気に、2回目はかかりにくくなるといったことは、獲得免疫による影響です。

 

免疫細胞と丈夫な体の関係

免疫力の種類と特徴

免疫細胞によって、わたしたちの体は守られています。

体の中には、たくさんの免疫細胞がありますが、60〜70%の免疫細胞が腸には存在していると言われています。

もちろん腸は、栄養の吸収を行いますが、それと同時に病原体となる細菌やウィルスにも触れています。

そのため、腸内の免疫細胞を活性化させるために食生活を見直すことは、免疫力を高める方法として非常に大切なことなのです。

ストレスの軽減、質の良い睡眠や適度な運動も生活に取り入れ、日頃の生活習慣を見直すことが丈夫な体をつくる基礎となるのです。

 

なぜ乳酸菌は免疫力を上げることができるの?

乳酸菌で免疫力は上がるのか?

腸の表面の細胞には、「トル様受容体」というものが存在し、人間には10種類程度あることがわかっています。

その中の何種類かがビフィズス菌や乳酸菌と結合し、免疫力が強化されるメカニズムを持っています。

腸内環境を整えるヨーグルトが体に良いといわれるのは、この影響による効果が大きいです。

また、乳酸菌自体が善玉菌であり、他の善玉菌のえさにもなるのです。

善玉菌が少なく悪玉菌が活発になっている状態は、腸内環境が乱れている状態と言えます。

乳酸菌の働きによって、腸の細胞が活性化されると、免疫力の向上やイウィルスや細菌への抵抗力が高まります。

乳酸菌は、腸内環境を整えるものと、広く知られていますが、実は免疫力を上げる効果も持ち合わせているのです。

また、乳酸菌には、他の効果も確認されているので、気になる症状に合わせて、サプリメントで乳酸菌を補うのもひとつの手段です。

 

コメントを残す