高コレステロールを改善するために乳酸菌を!その理由と効果について

乳酸菌とコレステロールについて

コレステロール値を下げるには、乳酸菌が効果的であることがわかっています。

乳酸菌とコレステロールの関係性について、紹介していきます。

 

コレステロールについて

よく「コレステロール」と聞きますが、そもそもコレステロールとはどんなものでしょうか?

コレステロールは、人間の体を作っている細胞膜の構成成分であり、人間の体にとってなくてなくてはならない大切なものです。

また、肝臓で作られる胆汁酸の原料でもあり、脂肪の消化吸収を助けています。

それだけでなく、精巣で作られる男性ホルモン(アンドロゲン)や卵巣で作られる女性ホルモン(エスドロゲン)などの性ホルモン、副腎で作られる副腎皮質ホルモンなどもコレステロールからできています。

コレステロールは、生命を維持する上でとても大切なものなのです。

 

コレステロールの種類と役割

コレステロールの種類と高コレステロールの影響

コレステロールには、以下のように2種類のコレステロールが存在します。

  •   LDLコレステロール/li>
  •   HDLコレステロール

LDLは別名「悪玉」とも呼ばれ、肝臓で作られたコレステロールを血液の流れで全身に送る働きがあります。

それに対して、HDLは別名「善玉」と呼ばれます。

全身の余ったコレステロールを肝臓へ戻す働きを持っています。

基本的に、この2つのコレステロールのバランスが良ければ問題ないのですが、「高コレステロール」とは血中のLDLコレステロールが多くなってしまった状態のことを指します。

 

高コレステロールの影響は?

LDLコレステロールが多いと何が問題なのでしょうか。

LDLコレステロールが過剰になると、血管の壁にLDLコレステロールがたまり、動脈が硬くなります。

すると、血管が弱くなり、狭くなったり詰まったりしてしまうのです。

この症状は自覚がないので検査するまで気付くことができません。

このまま放置してしまうと、心臓では、血流が悪くなって胸が痛くなる狭心症や、心筋に血液が流れなくなる心筋梗塞を引き起こします。

脳でも、脳の血管が弱くなって起こる脳出血や、脳の血管が詰まりその先へ血液が流れなくなる脳梗塞が起こります。

日本人の3人に1人が心臓病や脳卒中で亡くなっていますので、コレステロールを改善することは、生きていく上で重要なことなのです。

 

乳酸菌はコレステロール値を下げる?

乳酸菌はコレステロール値を低下させる効果がある

通常、健康な人は、体が一定の状態を保とうとする機能によって血中のコレステロールを一定に保っています。

しかし、高コレステロールの状態では、このシステムに乱れが生じている為コレステロールを蓄積しやすい状態です。

生活習慣を改善してコレステロールを減らす事が必要です。

乳酸菌は、菌体がコレステロールを吸いつけて体の外に出す働きがあります。

これは、生きたまま体に届く乳酸菌(プロバイオティクス)でも、加熱処理して殺菌・死滅した乳酸菌(バイオジェニックス)でも同様の作用があります。

乳酸菌の中でも、特にコレステロールの改善に効果的なのが「LGG乳酸菌」です。

他にも、「N-1株」はコレステロールの吸収を妨げてコレステロール値を低下させると考えられています。

乳酸菌にはたくさんの種類がありますが、コレステロール値を下げるにはこのような働きをもつ菌を選ぶことで、効率よく効果を発揮することにつながります。

ぜひ自覚症状がなくても、乳酸菌を上手に取り入れて、体調管理や将来の健康に役立てると安心です。

 

コメントを残す