日頃から乳酸菌を摂取すると高血圧を予防・改善できること

高血圧の症状について

乳酸菌は高血圧を改善して、血管を若返らせる効果があります。

高血圧予防効果のメカニズムについて紹介します。

 

そもそも高血圧って?

高血圧と乳酸菌について

日本では成人病の一つとして、高血圧になる人が多くいます。

かつては高齢者や中高年に多かったのですが、今では30代でも見られるようになりました。

そもそも高血圧とはどんな状態のことなのでしょうか?

わたしたちの体は、常に心臓から血液が送り出されて全身の血管のすみずみまで行きわたっています。

心臓は血液を送りだす「ポンプ」のような役割を担っています。

血管は血液が流れる、いわば「ホース」となります。

血液が流れるたびに、血管の壁を押し広げる圧力がかかりますが、これがいわゆる「血圧」です。

高血圧は、「血圧」が高い状態を指しますが、高血圧症は「慢性的に血圧が高い状態」ということなのです。

高血圧の原因はさまざまですが、「過度の塩分摂取」、「喫煙」、「過度の飲酒」、「ストレス」「肥満」などが挙げられています。

また、高血圧症になると常に血管に強い圧力がかかるようになるため、次第に血管の壁が太くなると同時に弾力を失って硬くなっていくのです。

これが「動脈硬化」と言われる症状です。

「動脈硬化」になると、「心筋梗塞」や「脳出血」、「大動脈瘤」等、生命にかかわる病気になりやすいだけではなく、様々な合併症の原因にもなると言われています。

そのため、高血圧を予防・改善することは生きていく上で予防することは大切なのです。

 

乳酸菌の高血圧予防・改善のメカニズム

乳酸菌は血圧を下げて血管を若くする

高血圧になると血管が硬くなり、血管が硬くなると「心筋梗塞」や「脳卒中」などの恐ろしい病気にかかりやすくなることがわかりました。

乳酸菌には、高くなった血圧を下げる働きがあることがわかっています。

主に、以下のような二つの働きによって、高血圧を改善する効果をもたらします。

  •   血圧を効果させる
  •   血管の機能の改善

これらの効果は、乳酸菌に含まれる「酵素」によってもたらされます。

乳酸菌には整腸作用だけではなく、高くなった血圧を正常に戻したり、血管の機能を改善してくれる働きがあると言えます。

 

コメントを残す