胃がんの原因になるピロリ菌予防に効果的な乳酸菌について

胃がんを防ぐことができる乳酸菌のパワー

乳酸菌には、様々な効果があることがわかっていますが、現在も研究中である部分があります。

乳酸菌の効果の一つとして、胃がんの原因となるピロリ菌を減らすことができます。

ただし、すべての乳酸菌がピロリ菌を減らすというわけではありません。

効果的な乳酸菌を摂取することで、胃がんを防ぐことへとつながります。

 

胃がんを予防するには?

胃がんを予防するには?

がんについては、まだまだ研究中の部分が多くあり、わかっていないことが多々存在します。

ただし、日本人の場合は、感染症によるがんが米国や欧州より高いことがわかっています。

がんの原因になる要素には喫煙や生活習慣、遺伝などが関係していると言われています。

その中でも多いのが、ピロリ菌による胃がんです。

ピロリ菌を除去することで胃がんを予防できる確率は高くなります。

胃がんを予防するための手段として、以下のようなことが挙げられます。

  •  内視鏡検査を受ける
  •  バランスの良い食生活
  •  乳酸菌を摂取する
  •  タバコの喫煙をやめる

確実な胃がん予防の為には内視鏡検査を受けることです。

しかし、自覚症状がなかったりするとなかなか病院に行こうとはなりませんよね。

発症の予防と早期の治療が必要であるということは、心に留めておくべきです。

胃がんの大きな原因のひとつに塩分の摂り過ぎがありますが、その他のリスク増加の要因としては、極端に熱い食べ物や飲み物の摂り過ぎ、過度の飲酒、不規則な食生活、米の食べ過ぎなどが考えられています。

胃がんの予防に有効な食生活としては、牛乳など乳製品、生野菜や果物を摂る事が良いとされています。

偏った食生活はまた違う病気も引き起こしてしまう可能性があるので、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

 

乳酸菌はピロリ菌を除去できる?

ピロリ菌を除去する乳酸菌

ピロリ菌を除去するために、100%除去する方法は今のところ見つかっていません。

治療として抗生物質が使われますが、それでもピロリ菌は残ってしまいます。

そこで、摂取することでピロリ菌を減らせることがわかった乳酸菌に注目が集まっています。

乳酸菌にも様々な種類があり、ピロリ菌を除菌する乳酸菌も限られています。

有名なものでいうと、LG21乳酸菌という菌は、ピロリ菌に効果的です。

すべてのヨーグルトにLG21乳酸菌が含まれているわけではないので、自分の体の状態に合わせてヨーグルトは選ぶことが大切です。

もっとも効果的な方法としては、乳酸菌サプリや粉末の乳酸菌を摂取することで、確実に乳酸菌を摂取することができます。

また、LG21乳酸菌は胃酸に弱い菌なので、食後に摂取することをおすすめします。

毎日の習慣として食生活に摂り入れてみるのもいいかもしれません。

もし、がんの遺伝の可能生が考えられる場合、日頃からの生活習慣がとても大きな影響を及ぼします。

少し食生活を見直すだけぐっと効果が上がることも多々あります。

 

コメントを残す