意外と知らない!乳酸菌のダイエット効果の高さを実現するメカニズム

乳酸菌とダイエットの関係性

乳酸菌は多くの良い効果があることがわかっています。

ダイエット効果もあり、乳酸菌は人気があります。

そのメカニズムについて理解することで、さらなるダイエットの成功につながります。

 

乳酸菌のダイエット効果

痩せやすい体質へ

乳酸菌によって内臓脂肪を減らすことができる

痩せやすい体質になるには、基礎代謝を高めると同時に、老廃物など体に不要なものを排出しやすい、溜めにくい体になることが大切です。

基礎代謝は、生きるために最低限必要な身体の活動に関わるもので、筋肉と食事の量に比例します。

基礎代謝を高めるには、運動して筋肉量を増やすことに加え、ある程度の食事の量を摂らなければなりません。

また、体内の大きな部分を占める腸内の滞留物をスムーズに出すことが溜めにくい体になるカギとなります。

したがって、食事の消化吸収と排出に関わる腸内環境を整えることが痩せやすい体質になるための基本となります。

また、腸内の不要なものが滞留なく排出されると、体に有害な物質の発生も低下し、栄養の吸収も良くなり、身体全体の機能を向上します。

最近では、摂取し続けるだけで体脂肪の減少につながるという乳酸菌の効果が発表され、製品化されています。

乳酸菌には脂質吸収を抑える作用、脂肪燃焼酵素の発生を促す作用があることがわかっています。

乳酸菌を摂取することは、腸内環境を改善すると共に体脂肪を減らすことがわかり、ますます痩せやすい体質づくりの効果を向上させます。

 

ダイエットサポート効果

乳酸菌のダイエットサポート効果について

ダイエットする上で気をつけたいことの一つは食事の栄養バランスです。

その中でも、基礎代謝を落とさず、体脂肪だけを減少させるためには、筋肉を作る良質なタンパク質を十分に摂ることが必要です。

乳酸菌の入ったヨーグルトなどの乳製品には、良質なタンパク質がたっぷり入っています。

ミネラルやビタミンも含まれ、体内で消化吸収の良い栄養素となっています。

 

内臓脂肪を減らす

乳酸菌で痩せやすい体質へ変化

肥満の原因は主に、脂質を取りこむことと脂肪組織の炎症による2つが考えられます。

ガセリ菌SP株という乳酸菌は、腸の中で脂質のかたまりを大きく保ち、脂質を分解しづらくすることで脂質吸収を抑える効果があります。

また、腸管バリア機能に働きかけ、脂肪細胞の炎症を抑えます。

ラクトバチルス ・アミロボラスCP1563株という乳酸菌も、摂取することで体脂肪が減らす効果があります。

乳酸菌を継続して摂取すると、内臓脂肪を含んだ体脂肪の減少が見られ、肥満などメタボリックシンドロームの改善になる効果があるのです。

 

コメントを残す