乳酸菌に秘められた美肌効果の3つの働きを知っていますか?

乳酸菌の美肌効果について

乳酸菌には、美肌効果があることはご存知でしょうか?

実は、肌にうるおいを与える3つの作用を持っています。

乳酸菌に秘められた美肌効果について紹介します。

 

乳酸菌の美肌効果の3つの働き

乳酸菌はうるおいのある肌へと導く

 

肌のうるおいアップ

乳酸菌には、動物性由来の乳酸菌と植物性由来の乳酸菌がありますが、どちらも摂取することによって、肌のうるおいをアップさせることがわかっています。

乳酸菌には、まだまだ解明できていない効果があり、日々研究が進められています。

ただし、皮膚に含まれる水分量が多くなるという、美肌効果は研究で明らかにされている効果です。

また、発酵乳に含まれる成分が食品中のセラミド(皮膚の保湿部分)に関連する成分の吸収を高めるという結果も出ています。

整腸作用の効果を持つ印象が強い乳酸菌は、実は肌のうるおいをアップさせる効果を持っています。

 

便秘解消による美肌

乳酸菌を摂取し続けると、腸内の善玉菌が増えて腸内環境が改善されることは、よく知られていることです。

食べて栄養を吸収する私たちにとって、腸内環境を整えることは健康を保つのに欠かせません。

また、便秘の解消をはじめとする、腸内環境の改善は、美しい肌を作るためにとても大切なことなのです。

腸内で吸収された栄養は血液に運ばれ、体中を循環します。

腸内環境が悪化すると、腸内で発生した体に有害な物質が多く体中を巡ってしまい、その結果、肌を荒れさせる原因にもなります。

また、植物性乳酸菌は腸まで生き残ることができますが、動物性乳酸菌は胃酸によって菌が死滅してしまいます。

しかし、乳酸菌が死んでも、生きている乳酸菌の食べ物となり、乳酸菌を増やす役割を果たしてくれます。

手軽に摂れるということもあり、乳酸菌の摂取による便秘改善と美肌効果は、今後さらに注目されることになるでしょう。

 

肌バリア機能の向上

皮膚に保たれる水分量が多いほど、肌はうるおい、バリア機能もアップします。

つまり、乳酸菌を摂取し続けると、腸内環境の改善はもちろんのこと、肌の保湿やバリア機能までも向上することができるのです。

特に効果的な乳酸菌としては、SBL88乳酸菌、植物性乳酸菌K-1、植物性乳酸菌K-2、LB81があります。

乳酸菌の美肌効果は、まだ浸透していない部分がありますが、研究によって明らかになったため、徐々に認識が広まっていくでしょう。

 

コメントを残す