口臭を根本から改善するには?乳酸菌の持つ口臭改善効果について

乳酸菌と口臭の関係性と効果

毎日、口臭が気になるという方は、体の内側から改善することが大切です。

根本的に改善することで、口臭の悩みも軽減するはずです。

乳酸菌の持つ、口臭改善効果について紹介していきます。

 

口臭の原因は?

口臭の原因も、臭いが出ている部分も人それぞれですが、根本的に解決する方法を知る人は少ないのが現状です。

口臭対策というと、歯磨きやマウスウォッシュなど、一時的なケアを思い浮かべる方が大多数だと思います。

口臭の主な原因として、虫歯や歯周病、ドライマウス、蓄膿症や内臓の病気から口臭につながったり、コーヒーやアルコールや食べ物、タバコなど、様々な要因が考えられます。

また、いくつかの原因が重なっていたり、間違ったケアで一向に口臭が改善されないだけでなく、臭いがひどくなってしまう人もいます。

専門の先生に診てもらうのも1つの方法ですが、まずは口内の環境を整えて日常的なケアを見直すことが大切です。

 

乳酸菌で口臭予防できるメカニズム

乳酸菌は口臭を根本から解決してくれる

口内にも善玉菌、悪玉菌、日和見菌が存在しています。

歯周病や虫歯など、お口の中のトラブルの原因になっているのは悪玉菌の一部です。

悪玉菌は、私たちが食事などで食べた物の食べカスを餌として増殖します。

悪玉菌が増えると、悪玉菌と戦ってくれるはずの善玉菌が劣勢になり、歯周病の原因となる細菌などが歯と歯茎の間に棲みつきやすくなります。

そのため、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが、口臭を予防することにつながります。

乳酸菌といえば、腸に良いということは知っている方も多いと思いますが、実は口内の環境を整えるためにも大切な働きをしてくれています。

また、唾液の中にも乳酸菌は存在しているのですが、年齢と共に減り続けます。

乳酸菌を摂取して減ってしまった唾液や口内の乳酸菌を補ってあげることが、善玉菌の活動に大きく影響します。

これらの乳酸菌の効果によって、口臭を根本から改善してくれる効果があります。

 

乳酸菌で虫歯予防もできる?

乳酸菌の虫歯予防効果について

虫歯になる原因も口内に棲みついた菌が原因で起こります。

口臭や歯周病が起こってしまうメカニズムと同じようなもので、口内環境が乱れると、虫歯の原因となる菌が口内で増殖し、棲みついてしまいます。

乳酸菌を摂取することで、口内の善玉菌を優勢にさせることで虫歯予防効果につながります。

虫歯菌は主に私たちが眠っている間に活動するといわれているので、虫歯菌に良いとされる乳酸菌を摂るなら夜の方がおすすめです。

歯磨きでは歯の表面についている悪玉菌をブラッシングで落とすことができますが、そのブラッシングで善玉菌も洗い流してしまうのです。

乳酸菌にも様々な種類がありますので、自分がどんな目的でその乳酸菌を摂取したいのか、商品を選ぶ際はしっかり確認し、毎日続けることが大切です。

 

コメントを残す