アトピーを治すのに乳酸菌?知られざる効果を秘めている

乳酸菌とアトピーの関係性について

乳酸菌は腸を整える効果だけでなく、多くの影響をもたらします。

高い効果から日々研究が行われています。

アトピーを改善・予防する効果も乳酸菌の効果の一つです。

 

乳酸菌によるアトピー予防のメカニズム

アトピーなどのアレルギー症状は、人体の免疫機能を司る「ヘルパーT」という細胞が関係していると考えられています。

このヘルパーTが、体内に侵入した有害物質に過剰反応する事によって発症するといわれています。

ヘルパーTは、「Th1」と呼ばれる細菌・ウイルスに対し攻撃命令を出す感染予防因子と、「Th2」と呼ばれるアレルギー抗体を作る命令を出すアレルギー因子の2つに分けられます。

Th1とTh2は、普段はサイトカノンという名のタンパク質をお互い分泌し合って、その免疫バランスをコントロールしています。

さらにアトピーの痒みの原因は、Th2細胞から発生していると言われています。

このことから、アトピーの予防・改善には、Th1を活性化しTh2の働きを抑える事が不可欠なのです。

このヘルパーTを含む免疫細胞の実に7割が、腸内に集中しています。

そして、有害物質を生み出す悪玉菌が多い腸内環境では、h2の働きをますます活性化させ、アトピーの症状を悪化させてしまう事が分かっています。

悪玉菌を封じ込める善玉菌を腸内に増やす事、すなわち善玉菌の増殖を助ける乳酸菌を摂取することが、Th1とTh2の腸内での免疫バランスを整え、アトピーのかゆみや湿疹などのアレルギー症状を和らげる近道となるのです。

 

乳酸菌でアトピーは治せる?

乳酸菌はアトピーに効果的

アレルギー体質は一般的に親から子へ遺伝しやすい傾向があります。

ただ、乳酸菌の摂取により、実際に子供のアトピーの発症自体を抑えられたり、アトピー症状が改善したりする効果があることわかっています。

一例ですが、自身もしくは血縁関係のある親族に、アトピー性皮膚炎の罹患歴がある妊婦を対象とし、出産1ヶ月前~生後半年まで乳酸菌を摂取するという実験がフィンランドで行われました。

すると乳酸菌を摂取した妊婦たちは、摂取しなかった妊婦たちに比べ、生まれてきた子供のアトピー発症率が半分にまで減り、その後7年経過しても効果が継続したのです。

また、すでにアトピー症状を持っている子供たちに対して、乳酸菌を8週間摂取させるとかゆみの緩和やアトピーが治ることがわかっています。

多くの種類のある乳酸菌ですが、特に以下のような菌が効果的です。

  •  L-92乳酸菌
  •  乳酸菌KW3110
  •  ビフィズス菌LKM512
  •  クレモリス菌FC株
  •  植物性ラクトバチルス乳酸菌

かゆみの自覚症状が緩和、次第に皮膚症状も緩和し、ステロイド軟膏の使用量が減るなどのアトピー改善効果が期待できます。

ただし、乳酸菌のもつ免疫バランス改善効果が、Th2によるかゆみの緩和だけにとどまらず、アトピー症状の緩和にどの程度作用しているのか、そのメカニズムはまだ解明しきれておらず、今後の研究にさらなる期待が寄せられています。

アトピーは完治までに長い時間を要します。

外用薬のように直接的に患部の炎症を鎮めるだけでなく、合わせて乳酸菌を継続的に摂取することで免疫バランスが整い、体の中からアトピーの症状改善を期待できるのです。

 

コメントを残す